ハイソサエティー重賞初V自信アリ!!

ラジオNIKKEI賞・G3」(7月1日・福島)、3歳馬が福島競馬場で激突。

素質馬ハイソサエティー重賞初制覇を見据える。

エーデルワイス賞を圧勝し、3勝目をゲット。さらなる上昇に陣営も手応えありだ。自在な立ち回りができる強みで、小回りコースでも問題なし。同世代相手に負けるわけにはいかない。

体質が弱く出世が遅れた素質馬が、ようやく軌道に乗ってきた。ハイソサエティー重賞初制覇に照準を合わせる。

NHKマイルCを目指して乗り込まれていた春、その前哨戦のニュージーランドTを1頭だけ除外になる憂き目に。本番には出走がかなったが、キャリアわずか3戦、重賞初体験のハンディは大きく、本来の力を出せなかった。

NHKマイルCは本気で勝てると思っていた。それだけの馬だからね。一度使っていれば、もう少しやれていたはず」。小島良助手は無念の思いを口にする。勝ち馬からコンマ6秒差の7着。決して悲観する内容ではない。






続くエーデルワイス賞を余裕たっぷりに差し切り3勝目を挙げたあと、ここに目標に置いて順調に乗り込まれてきた。1週前追い切りでは美浦Wで5F64秒6-36秒5-12秒6を馬なりでマーク。「いいね。自信あるよ」。膨らむ期待に口調も自然と滑らかになる。

とはいえ、まだまだ完成品ではないという。「トモがパンとしていない。しっかりしていないから、体を支えきれずに直線ではささってしまうんだ。調教のときも馬の気が抜けているときなんかは、乗っていてしんどいからね」。それでも5戦3勝。結果を出しているのは能力の証拠だ。

舞台はみちのく、福島に変わる。「競馬に行けば器用だから小回りの福島でも大丈夫。本当に良くなるのはもっと先だろうけど、マイルから中距離ぐらいならいまの状態でも十分にやれる」と小島良助手。2度目のG舞台、勝利を手にする態勢は整っている。

■編集後記■



 はっきり言って、必ず競馬で勝てます!
       勝てない理由が分かりません!!




           ブログLECTURE 294
■■競馬愛好家、競馬で勝ちたい方、競馬で負け続けている方へ■■

ブログを通して成功するための情報商材を紹介していきます。


これ程の、競馬予想ノウハウは見たことがありません!

はっきり言って競馬で負けなくなってしまいます。


⇒ その理由は・・・


万が一、いや億が一、3日間競馬で黒字にならなかったら【購入代金+10万円】をもらって下さい。

▼気になる詳細は・・・▼

万が一3日間で黒字がなければ購入代金+10万円差し上げます!1億儲かるまでは公開しないと決めていた帝王競馬!遂に解禁!


| 競馬
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。